在宅避難で暖房器具が壊れている状況に対するフォーラムでのQ&A

丸森町

11/10フォーラムで在宅避難で暖房器具が壊れ、寒い思いをしながらすごす被災者がいる、という投稿があった。防寒対策などについてのやりとり。

在宅避難の方について、以下のような問題を抱えている場合、相談可能な窓口はあるでしょうか

内容
①浸水のため床板や畳をはがした状態で布団を敷いて寝ているため冷える。段ボールがあるだけでも違うので、段ボール無償提供してもらえると有難い。
②防寒着が全て水に浸かり廃棄したので寒い。

内容異なりますが問い合わせ先が不明な部分があるという点において、こちらの投稿もございますので、合わせて確認お願いできればと思います

壊れた1階が使えず、暖房器具は壊れて、2階で寒い思いをしながら、寝てらっしゃる方もいた

>コメリやホームセンターに、発砲スチロールの板?あれば段ボールプラスで暖かいかなと思います。割れないような 床であるところに段ボール 発砲スチロールの大きめの板 を敷く

>ウレタンの大きなシートもあるのですが、値段が…だったような気がして100均にもある銀色のアルミシートとかも保温になるかなと思います。

http://web.archive.org/web/20191111165121/https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201911/20191110_13007.html
丸森の被災者「寒い」暖房壊れ冬物衣類は駄目に 町、企業の提供に期待
2019年11月11日 月曜日
河北新報
※11/10公開の記事
※記事削除されてしまうと閲覧できなくなるので問題点と思う部分を引用
・浸水で暖房器具が壊れたり、冬物衣類がぬれて駄目になった
・むき出しの床板に敷いた断熱シートと毛布の上で生活
・給湯器が壊れ、風呂に入れないので体の芯が冷えたまま
・浸水被害に遭った被災者宅では畳を捨てたり、床板を剥がしたりしたため、地面からの冷気が直撃する。冬物衣類が泥水で汚れ、全て廃棄した被災者も少なくない

タイトルとURLをコピーしました