丸森町への支援物資ルート

3つあるとされています。

①丸森町に問合せ、内容の相談。指定された日時・場所にもちこむ

いちばん確実でオーソドックスな方法です。町で仕分し、ニーズのある地区に分配します。が、個人からの支援物資は受け付けていないので、企業・団体からのものに限定されています。

丸森町保健福祉課(0224-72-2115)に電話して物資受け入れの相談は、必ずしたほうがいいですね。せっかくの善意が無駄になってしまうかもしれません。

②避難所に直接持ち込む or ③特定の人に届ける

特定の持っていきたい相手がいる場合に、とくに有効ですが、避難所に割り当てられているスペースはかなり狭いため、緊急のものでない限りは注意が必要です。必ずニーズを当事者と確認する。せっかくの好意を無駄にしないためにも、ぜひとも行ってください。

町役場の職員が常駐している避難所で、避難者がいるところは以下の通り。避難者数も片付けが済んだり、仮住居が整い次第動くので、特定の人がいる場合にはその人と事前にしっかりと連絡を取り、内容の確認を必ずするようにしましょう。

特定の人がいないけれど、ある程度のロットを持っていきたい個人の場合、避難所の代表と相談したうえで持ち込むべきかを判断してください。取次の方法は、町経由か避難所に避難している特定の人を通じてが妥当です。ただし、避難所は公平性を重視するので、たとえば10人分の肌着が必要なのに8人分しか用意できない、となると、受け入れ拒否、となってしまいます。

 

①丸森地区             避難者数(10月30日9:00時点)
丸森まちづくりセンター         70名
羽出庭多目的センター         2名
丸森小学校体育館           50名
④大内地区
大内まちづくりセンター          6名
⑤小斎地区
小斎まちづくりセンター         36名
⑥舘矢間地区
舘矢間小学校体育館          43名
⑧耕野地区
耕野まちづくりセンター          6名
⑨福祉避難所
丸森病院                   6名  ※介添2名含む

タイトルとURLをコピーしました